読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drafts

@cm3 の草稿置場 / 少々Wikiっぽく使っているので中身は適宜追記修正されます。

駄文

本の出版まわりについて考えるというのは私について厄介な事柄だ。

知識流通について考えるという意味では専門上無視できない事柄であり、一方で、私自身が漫画喫茶や図書館ばかりで本を読む人なので、所謂本好きからは敵視されかねない人種だ。あと、読んでいる文字数という意味では、ウェブの記事≒論文PDF>>>越えられない壁>>>紙の本>電子書籍くらいの順序だ。さらに、図書館情報学的な指導は受けていない。

漫画喫茶にお金を払っていることからも推測してもらえる通り、別に本にお金を払うのが厭なのではない。なんなら、図書館に本の ~5割 の金銭を任意で納入する制度でもあれば、納入する(割合は読む人の数や読んだ後の価値判断で決められてよい。想定上限が5割なのは、物としての所有の権利を放棄しているので。まぁ制度としては下限・上限なしで良いと思うけれど、本の返却時に自動返却機で1クリック増えるようなのを想定している=メインの選択肢は固定だと便利)。でも、基本的には知識は社会のインフラとして万人に十分にアクセスできるようになるべきだとは思っている。そもそも図書館の自由に関する宣言にある思想とか考えると、特段ぶっとんだ考え方ではないと思っている。そういや、NYのメトロポリタンに行った時も、無料で入って見て回ったうえで、最後に規定料金満額(そこも本来任意額)払った。比較的みすぼらしい恰好をした私が入館締切間際に満額払うのを係員は2度ほど止めてくれたけれど。

一方で、共産党嫌いの私としては、ちゃんとサステイナブルに本による知識流通が維持できるように出版・印刷・流通について責任ある意見を有したいとも思っている。Facebookにでもこの記事を投稿したら、kskさんや図書館系の人たちから暖かく厳しい突っ込みが入るかもしれない。それはそれでありがたいことだけれど、まずは未熟な自分の考えを整理するために駄文カテゴリでここに書く。

表現創作と経済との整合性という問題

機能だけの本というのは存在しないし、どこからが機能でどこからが cosmetic な美なのかということにハッキリとした境界は無い。

たとえば、東京に居たときは毎年、印刷博物館の「世界のブックデザイン」展に行っていたが、そこでも一見単に芸術的なものもあれば、分かりやすいインフォグラフィックを表彰されているものもあり、様々だ。それらを眺めていると美は機能であり、機能的なものは美しいという関係が体感できると思う。

大学4年で「デザイン」に触れたとき、どの先生も初めに口にしたのはこのフレーズである。

「私たちは『デザイン』というと美術的なものを想像すると思いますが、この授業で扱うのは工学的設計としてのデザインです。」

しかし、そう前置きされて始まった授業でも Good Design Award の話になると用と美の関係は、「美ではなくて用の話」と片付けられなくなってくる。ちなみにこの用と美の関係に初めに気づかせてくれたのは工芸を「用の美」という端的な表現で紹介してくれた 中学校の先生で、彼の授業で作った木工のティッシュケースは15年経った今でも現役で使っている。

さて、本の話に戻って、日本語で「装丁」というと中身のことは指さず外形だけを指すことが多いので、最も「美」要素の大きいところだが、逆に「用」要素の大きい例として、文字の折り返し、所謂字切りが挙げられる。

参考: 改行の字切り:Talking Design:So-netブログ

ウェブ上でのレスポンシブデザインでは言うまでもないが、電子出版系は字切りに弱い。たとえば、著者・編集者・出版社の方へ | NextPublishingで、「以下の点は伝統的出版に比べて劣ります。」の筆頭に挙げられているのが「字切り、縦組・横組混在などの複雑なレイアウト(ビジュアルな雑誌など)」だ。字切りが不味いと読みにくい。でも、読めないことは無い。私は学術系の出版で字切り部分にお金をかける必要性はあまり無いと感じている。論文PDFでは最低限の字切り考慮(つまり、PDFの元となる Word や LaTeX が対応する範囲)しか為されていないし、それで特段の不便を感じないからだ。でも、文系の先生方はそこに拘る先生も少なくないし「若手にそういう編集の知識を学ばせてボランタリーに学会誌の編集作業をさせてはどうか」という意見を仰る先生も居る。それは趣味ならよいが学者の仕事ではないと個人的には思うし、その部分を編集知識のある人間に任せるお金が捻出できないような活動ならばコストダウンのために諦めるべき部分だろう*1LaTeXMarkdown みたいな形式で論文を書く場合は、そういう cosmetic な部分は言語処理を用いて自動で行える未来も来るだろう。

要はその表現の発信者と消費者の流通全体を見たときに、どのくらい現状の経済と整合性があるかという視点が、本を出版する多くの学者に欠如していると感じている。一方、コストダウンだけを図っていてもその経済は縮小していくだけなので、GRAPHICATION2, No.1, 2015 - Draftsの p.9 について触れたように企画力でそこを補うというのは重要になる。大学出版会はそういうとこちゃんとしてて、「理事会で採択された企画については、企画意図や読者対象に応じて十分な編集を加えた上、出版されます。編集経過を経ない印刷請負のような形式は認められません」みたいな方針になっている。各学会や研究所単位で出版する出版物に関して、大学出版会を経られないような内容なのにお金だけやたらかけている場合はなんか特段の理由が存在すべきだ。

そうでなきゃ、美を切り捨てて、最低限の用を取り、コストダウンを図るべきだ。

関連しそうなそうでないような参考:

10年ほど前、某美大で「自腹でアートを買う」という授業を行った。「画集」購入は「反則」として禁止。その結果「アートには金を出して買う価値のあるものがない」「展覧会には金を出すが、基本は無料で見るもの」という者が続出した。「では自分の作品は?」と聞くと「自分の作品は例外」となった。

美大生の一人はアート作品を買いたくない理由として、「ウザクて自分の部屋に飾りたくない」と言った。「何かの表現であるアート作品は、生活を共にするのに鬱陶しい」。

そして彼等の多くは「アート作品」の代わりに、家具や、フィギュアや、カレイドスコープやらを買ってきた。「こっちの方がいわゆるアート作品などより、自分にとってはアートです」。

アーティストになろうとしている(多くはなろうとしていないかもしれないが)美大生のこの自己矛盾。しかしまた多くのアーティストもまた、熱心なコレクターではないのも確かだろう。

授業の最後のあたりで「自分の作品を自分で買いたいと思う?」と聞く。「微妙」という答えが帰ってきた。

from 美大生はアート作品を買わない。 - Togetterまとめ

返本制度、Amazon、POD。

vs Amazon という形でよく言われる日本の出版業界の保守的な態度も問題である。既に上で NextPublishing の紹介をしたが、

● 現状の出版事業では経済的に困難な専門書(小部数)の出版を実現
● 優秀な個人や組織が保有する多数の専門知識の流通を促進
● デジタルによる編集・制作・流通手法なので、圧倒的な低コスト・短期間で発行できる。
● 電子書籍と印刷書籍が同じ編集プロセスで発行できる。
● 電子書籍の基本フォーマットはEPUB を採用しているので、汎用性・発展性がある
● POD を利用しているので、品切れがなく、末長く販売できる。
● プリントオンデマンドは、Amazon の仕組みをそのまま利用、注文に応じて印刷・製本して出荷
● 電子書店はKindle、kobo、iBooks Store、紀伊国屋書店Kinoppy などで販売

from 出版社にとってのプリントオンデマンド | JAGAT

というメリットを実現するのに、PODのような新たな技術、およびビジネス形態にはもっと日本の出版業界は力を入れるべきだと思う。とは言ってもニーズの無いところにそれを推し進めても成立しないので、要はテレビ番組と同じくメディア全般に言えることだが「消費者が保守的すぎる」のだ。

たった4,980円で紙の書籍が出版できる!超格安出版ベンチャー「MyISBN」Amazon の PODの上に乗っかってて、それがMyISBNがキナ臭い-注意しておきたい不明瞭なビジネスモデルと言われたり、「MyISBN」が”キナ臭い”んだってさ!と反論されたり、2013年の時点でしているのだが、MyISBN は Amazon の POD のめんどくささを代行する仕事と出版社としての ISBN 付与をマージン取ってやってると見るのが正しいと思う。つまり、2011年の深津さんのブログ記事日本のAmazonでオンデマンド印刷が始まった件(そして注文してみた) | fladdictの末尾で提唱されている「現状は出版コードをもっている会社しかオンデマンド申請できないのだとか。 だから同人誌、自費出版は難しい。 でもこれなら、オンデマンドを仲介するだけの出版社を作るってのは面白いかもしれないなぁ」というアイデアの実現がコアなのだ。

そして著者のワリの悪さは主に Amazon に起因しているので、MyISBN が批判されるのは俺も違うなぁと思う。

既存の出版社は印税を10%しかはらわないかわりに、編集・校正や、プロモーションなどの営業努力をしてくれる。それらのサポートがなく完全自費出版なのに、印税が10%ではしかたない。

ここでの卸率は 70% で計算されているが、アマゾンと出版社、容赦ない取次「外し」加速…問われる取次の存在意義、存亡の危機か | ビジネスジャーナルの記事では、

セミナー出席社に限定して、1カ月以内に申し込めば、通常60%である出版社からアマゾンへの卸率(編注:1000円の書籍であれば600円でアマゾンに卸すという意味)を66%にするというのです

というのがセンセーショナルに書かれているので、そりゃ Amazon がそんだけ持ってきゃぁ、上に乗っかるビジネスはそのくらい著者にとって不合理に見える価格設定になりますわな、と思う。

じゃあ Amazon が悪いのかと言われれば、それだけの仕事してるわけで。でも、この部分握られ過ぎているのは国単位の政策で考えれば不味いと思う。こんなこと言うと「日本版 Amazon を」なんて言う人たちが現れるのだけれど、即座に「日本版 Google ってフレーズに聞き覚えあります?」と返さねばなるまい。

参考: 記者のつぶやき - 情報大航海プロジェクトへの批判と経産省の回答:ITpro

もう少し根本に立ち返って、知識流通にとっての本の役割とか考えたら何か解はあるのかな。

その他参考:

*1:まあ京大に出入りするような教授はマルクスの分業による疎外の批判でも念頭にあるのかもしれないが(…実はそこまで深く考えてないだろうと思っている)、(万一そうなら)そこはベバッジ的な視点でも補って考えてほしい。分業の問題じゃなくて、美を遍在させたいという意識から来ているのかもしれないが、それなら支倉の鼻紙にでも学んで、まず低コストにその美が提供できる素地を作ることが先だろうよ。