読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drafts

@cm3 の草稿置場 / 少々Wikiっぽく使っているので中身は適宜追記修正されます。

「世の中には2つのタイプの人間がいる。」

アメリカ最高裁が同性婚を認める その命令文が美しいと話題になった件で共感していたツイートをメモがてら貼っておく。冒頭2つが最もグっときてファボってたツイート。

一方で全部が全部俺と一緒の立場というわけでも無くて、「婚姻制度自体いるかというと別にいらないと思うけど(そしたら婚姻に関わる差別も自然と解消されるし)」というなみきさんの発言はあんまり同意しない。婚姻制度は十分偉大な発明であって、自分の生の価値をその中に見出した人も多いのだから無下に否定するもんじゃないと思う。むしろ「婚姻に関わる差別」なんかしてくる人はそういう人である可能性が高い。

個々の熱狂行為を下にあるような形で批判したら、それは抑圧だとか「この差別者め!」と言われるのはまあ仕方がない。それは誤解に基づくけれども、彼らの視点からそう見えることは多いだろう。その熱狂的な感情の中にいる人に誤解を解こうと説明することも経験的には無駄だ。説明を聞いてくれることはあるかもしれないけれども、そうでないことも多い。僕の場合は、感情に飲まれて説明に熱がこもり不理解の溝を深めて終わるだけだ。単に説明が下手なのかもしれない。

相手が理解力に優れた頭の良い人でも上手くコミュニケーションできないくらい想像以上にこの溝が深いことは最近分かってきたけれども、溝を埋める方法を知りたい。なんでかわからない。右翼と左翼とかもそうだし、宗教対立もそうだけれど、人間や社会のどういう仕組みがこの大きな溝を生み続けているのかのメカニズムがよく分からない。