Drafts

@cm3 の草稿置場 / 少々Wikiっぽく使っているので中身は適宜追記修正されます。

最近仕事で怒ることが多い。今日も一度キレてしまった。任せていた仕事の対処に付き合わされること自体はまあ仕方ないにせよ、そのスピードが遅くて、一分一秒を争う時にダラダラと数分取られたために「こんな対処にかかずらわっている時間が無いので任せます!」と言い捨てて去ってしまったのだ。まあ、色々積もってたのもあるけれど。別に同じことを丁寧に言えればその方が仕事はスムーズにいくので、全くキレる必要はなく、単に反省すべき事項である。

スピードが合うと心地よい。それが喧嘩であってすら、お互いに思考がリニアモーターカーのように交互に加速して口や呼吸がついていかなくなるほど加速するのは楽しいし、ゆっくり一緒に星を眺めているときに、その幸せが染み渡るようにポツポツと話すのも心地よい。その反対としてスピードが合わないことは不快だ。自分が遅い側に立つのは、研究関連だろう。本当に研究者なのか…。いわゆる頭の回転では、まあ大抵早い側に立つ。それぞれの場で苛立たせたり苛立ったりしているのだろう。

「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」このフレーズの原典自体は宗教的な意味での精神的向上心を特に指しているようだが、必ずしも宗教的に限らず、このこと自体は大抵真だと思う。それは 馬鹿 / 賢さ という軸において、賢さ方向が向上であることは容易に合意の得られることであり、はじめから賢い人というのはそれなりにいるものだが、結局この世自体が変化が激しいので、全く無為にしていて賢いなどということは1万人に1人も居ないので、大抵真になるのであろう。向上心が無い人に賢さを見出して、惚れたことは数度あったけれども、それは『モモ』のような忙しさに対するアンチテーゼを見出したに過ぎない。忙しさにかまけていることも、それまた向上心の欠如である。馬鹿であることは善悪とかとは関係なく、馬鹿でありたければ馬鹿であればよい。私はそうではなく、自分が馬鹿である側に立つ姿を賢人に晒すことが甚だ悲しいだけだ。

賢人が傍にいないと、私は生きている意味を失ってしまいがちであり、自暴自棄に中途半端なパターナリズムを発揮してはその置かれた状態をたまに認識して苛立ちがちである。15年来賢人認定している人と話す機会があって、救われた。私が仕えるに値する賢人というのをいつも求めている。それは単に賢さの程度だけではなく性格の問題もあるので、なかなか得難い。何度も見立て違いをした。とりあえず「いつか王子様が」を弾いて待っている。見合いを受けて、それが結婚相手であれば言うことが無い気もしてきた。

なんで深夜にこんな中二病的な思考回路をダラダラと開陳しているかというと、すべての研究を諦めてやってきたサンクコストを回収すべくあと3日走り切らねばならないので、何が辛いのかを書きだして燃やしてやろうと思ったのである。辛さが溜まった時に、おそらく肉体的にというより精神的な理由で体が動かなくなるレベルで倒れるのだが、それが来るのが、怖い。徹底的な向上心を誓い、今は未だ見ぬ主君を夢見て、寝る。