読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drafts

@cm3 の草稿置場 / 少々Wikiっぽく使っているので中身は適宜追記修正されます。

ed25519 を公開鍵認証で使う

SSH鍵の暗号化方式を強化してみた。 | しま★りん.blog @ayurina とおなじく、Ubuntu 16.04 アップグレードの際に、key type ssh-dss not in PubkeyAcceptedKeyTypes になってしまったために ssh でログインできなくなり、現在最強の ed25519 を使うことにした。→結局 4096bit rsa を使っている。(途中の X2GO について参照)

Windows で ed25519 キーの生成するには puttygen の最新版を使う

PuTTY Download Page から、beta 0.67 だとだめで、The latest development snapshot だと、ed25519 を作成することができた。

autorized_keys 内の書式

ssh-ed25519 [キー本文] [ラベル]

参考:

X2Go ができなくなる!

リモートデスクトップ環境として X2Go を使っているが、そのクライアントが、ed25519 だけでなく ecdsa にも対応していない。

一時だけ、~/.ssh/config/etc/ssh/sshd_config の双方に、PubkeyAcceptedKeyTypes=+ssh-dss を記入して sudo service sshd restart するという手がある。…がそんなことするならそもそも 4098bit rsa 使えばいいじゃん…。

代替策として Chrome Remote Desktop を試そうとしたが

XMPP プロトコルで ポート 5222 を空ける必要があり、大学のサーバでは不可

その他参考