読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drafts

@cm3 の草稿置場 / 少々Wikiっぽく使っているので中身は適宜追記修正されます。

駄文 ただの日記

二日酔いがまだ抜けきりません。三日目です。純粋アルコール換算量 10ml まで大丈夫だったはずなのですが、8ml程度で半日つぶれることを覚悟したのに、36時間たってもまだ体がだるいです。あのちゃんとしたシャンパンとウイスキーはなかなか価値だったのですが、舐める程度でやめるべきでした。アセトアルデヒドを分解するALDH2遺伝子が無いのは確定なのですが、その場合ADH1B遺伝子の有無にかかわらず飲めないとされるもので、僕はあとの苦しみを考えなければ3,4時間ならば並みの日本人並みには飲めるので、よくわかりません。まぁこんな事実公表して飲まされたところで飲ます側はあとの責任を取ってくれるわけでもないので「飲めません」と基本的には断ってます。飲んでいるうちに強くなるというルートがあるともいわれていて、それが消えたため、10ml の限界が下がってしまったのかもしれません。これからは、改めて、舐める感じの喫酒を極めていきたいと思います。


その酒の席は料理持ち込みだったので、新味バターソースのマカロニアスパラサラダ by かおりん♪♡を作っていきました、結構好評で良かった。1時間くらい放置しただけでちょっと乾いた感じになってしまったので、レンチンすればよかった。たぶん脂分が時間の経過で固くなるんだと思う。

あと、その場でも料理をしたのですが、トマトを拙く切っているときに、Hさんが「お、上手いな」的なことをおっしゃって、僕が照れてしまって切り方を間違えたりしつつ、喜んで切り続けているのを見て、Yさんが「さすが褒められて育った世代だな!」とおっしゃってた。Yさんは昔アメフトか何かやってらっしゃって、そういうスポーツにおける発破による奮起みたいなのと対照的に見え、それを世代差として受け取ったのだと思う。もちろん世代差も大きいが、僕たちの世代は個人差が大きいと僕は思っている。

むしろ、Hさんのことを「人のことを良く見ていて、ちゃんと評価してくれるので、やる気が出る」とYさんと似た世代の方が評していたので、叱咤激励で頑張れないことを(これも規範っていうの?要はちょっと広範に力を持つ世間感覚)恥ずかしいというような風潮が、実はどの世代でもある程度あった個人差を抑圧してただけなんじゃないかなとさえ思う。


これはスポ根的なものを批判してるんじゃなくて、むしろ逆。彼らは叱咤激励に愛を感じて頑張れてたわけで、スポ根漫画も多くの場合、その世界だけに閉じていれば問題が無い。叱咤をコミュニケーション手段として用いることは、弊害が大きかったからこの数十年で否定されてきているだけで、それ自体が常に問題になるわけではないし、初等教育のような場で用いることは危ないということが共有されるのは妥当だとしても、スポ根漫画的表現が非難されたら馬鹿らしい話だと思う。


美味しいお酒も、褒めも、叱咤激励も、ちゃんと僕というレセプターや社会環境をひっくるめて個々アトミックなコミュニケーションとして成立していて、そこに齟齬があった場合は僕はできるだけ自分でなんとかしてるつもりだし、そのコミュニケーションに規範的なものが持ち込まれると、それが自分に味方するモノであったとしても特に歓迎してないです。その場の全員が共有してそうだと確信した場合のみ歓迎する。


その他関連: