読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drafts

@cm3 の草稿置場 / 少々Wikiっぽく使っているので中身は適宜追記修正されます。

買い物

f:id:cm3ak:20160419020825p:plain

買い物記録です。

メインは森半 有機宇治抹茶 30gで2つ買ってます。3つだと賞味期限内に使いきれない可能性があるので2つに抑えています。抹茶は鮮度が大事なので、ちゃんとチャック付きの袋なのが良いのです。本当は密閉容器に詰めろとか書いているのですが、大量の空気が入る缶に密閉するのと、こういう袋でちゃんと空気を抜いてチャックするのとあんまり変わらない気がします。どうせすぐ使い切りますし、少なくとも僕の鼻と舌では使い切るまでに風味の劣化は感じませんでした。他に試したのはスーパーで売っている缶入りのやつ(香りが弱かった)と、デパ地下で売ってた袋のやつ(苦みが強く、甘みが弱かった)ですが、この森半ののコスパがとても良いです。香りが良く、甘みが強い。せっかくの甘みを殺さないように、ちょっと低めの温度で点てた方がいいです。温度が低いと泡立ちにくいですけど、そこは技量でカバーしてください!和菓子と抹茶の組み合わせが荒んだ日常のQOLをどれだけ爆上げしているか。

もう一つ期待しているのはカウブランド無添加うるおい洗顔です。洗顔料を使い切ったので。無添加をウリにしてるあたり僕は好かんですが、無添加ぽさは特に感じなかったのでその点は良かったですという口コミを見たりして「そういう人もいるんだなぁ」と驚きましたが、それはメインの推しではありません。洗顔料とかボディソープとかって結構商品入れ替えのサイクルが早くて、前代気に入ったのがもう売ってないってことは多々あります。これもそうで、前代セレブがとても良かったのですが、もう売っていない。そこで同じ牛乳石鹸から洗顔料を探したということです。実は、セレブは2007年@cosmeベストコスメ大賞 洗顔料部門 第3位を獲得していて、2015年は牛乳石鹸 カウブランド 赤箱が1位を獲得しています。資生堂などの洗顔料に比べてマイナーなので、隠れた名曲を発見した時のような喜びをもっていたのですが、残念ながら口コミサイトでは有名だったようです。

今更の白状ですが、今日はアフィリエイトリンクのオンパレードなので、「隠れた名曲」のリンクも張っておきます、上の2つをポチらなかった人は是非こっちをですね(笑)→Szymanowski Piano Works 1ショパンを生んだ国ポーランドのロマン派後期の作曲家シマノフスキピアノ曲集です。いわゆる民族音楽を取り入れた後期の作風のマズルカも入ってますし、オーケストラのように重厚なソナタ2番も入ってますし、中期の印象派の色が濃いメトープも入ってますし、いかにもロマン派な上に気に入れば(ピアノ習ったことある人なら)弾けそうなエチュードまで、シマノフスキピアノ曲入口に最適な一枚です。奏者のロスコーさんは僕もこのシリーズでしか知らないです、他に演奏を聞いたことがない。でも、難曲と言われるソナタ2番がちゃんと弾けているので、別に技術的には難は無いと思います。で、ここからは好みなんですが、僕、アシュケナージ好きなんですよ。特に最近ではアシュケナージは技術も表現も浅いという評をよく見かけますが、ミケランジェリみたいな完璧主義を目指さないんなら十二分の腕だと思うし、表現については「浅い」と評されやすいそのニュートラルさこそが僕の評価している点です。ちゃんと曲の良さを引き出していて、変な表現の癖で聴き手を置いて行ったりしない、そういう意味でロスコ―の演奏も悪くないと思います。他の人(シマノフスキの血縁者??)の演奏のエチュード張っておきます(このCDの演奏ではない)


K. Szymanowski - Etude in B flat minor Op. 4 No. 3 by Michał Szymanowski

さて、余談が長くなったけど、最後は甘利香辛食品 CA クミン(粉) 300g。クミンって結構量使うので12gで200円みたいなボトルは困るんですよ。弟がエスニックな味付けにハマってくれて、「クミンシード切れた」って言ってるので、ぜひぜひこの機会にたくさん使ってもらおうとドドーンと買ってみました。これを買うのは初めてで、そもそもシードじゃなくてパウダー買うのも初めてなので、また追記レビューします。


妹のところに泊まった際に母が置いてた洗顔料を使ってびっくりした→F.A.G.E. | サントリーウエルネス

もっちりするというよりはさっぱりする系だけど、使用感が明らかに違う…!ただ、ものすごく高くて、いつも使ってるのの5倍くらいの値段します。まだ前の洗顔料がギリギリ残ってて、上記のは使ってないけれど、感動したので追記。