読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drafts

@cm3 の草稿置場 / 少々Wikiっぽく使っているので中身は適宜追記修正されます。

過大評価される南瓜と芋

今日のお昼は、昨日スーパーで買った女子栄養大学が監修したお弁当だった。おいしかった。ちゃんと一食に一日に必要な野菜の1/3が入っているという売り文句のやつだ。

大学生協で三色食品群の点数がレシートに印字されるのだが、なかなか緑を既定の点数(1点)満たすのは難しい。しかし、1品足すだけでかなり効果のある小鉢が2つある。「こだわり南京煮」と「大学芋」だ。

そして、前述のお弁当にも、カボチャとサツマイモの煮物が入っていた。


さて、この「三色食品群の点数」とはどういう仕組みかというと、1点=80kcalなのだ(参考:三群点数法|大学生活協同組合京都事業連合)。これは、前述の女子栄養大学の創始者香川綾さんが考えた四群点数法に由来する(要出典だけど80kcalという数字がそのままで、赤は1群と2群をまとめたものだからほぼ間違いない)。それを簡単にしたものだ。

そこで疑問が生じる。緑の役割は「ビタミン・ミネラル・食物繊維」の摂取なのに、それなんで kcal で量れるの???

もちろん、量れっこないし、別に相関が高いわけでもないし、1材料1カテゴリなので、これはかなり粗い近似でしかないのだ。ということは、カボチャや芋は、この近似における例外の外れ値であり、緑が摂取できると思って喜んでたくさん食べても「ビタミン・ミネラル・食物繊維」の摂取効率という面からは逆効果だということだ。だって摂取カロリーにも上限があるからね。双方糖分が多く、果物の中でも甘い パインアップル 15.2g/100g や バナナ 22.6g/100g に比べて、カボチャ 17.5g/100g、サツマイモ 28.7g/100g となっている (参考: 糖質グラムカウンター(野菜、果物)


一方でビタミン源として芋は優れた性質があって、熱に弱いといわれるビタミンCですが、さつまいもの場合、調理の際にでんぷん質が糊化し、膜を作ってビタミンCを保護するため、加熱しても壊れにくいという長所がある。カボチャも多様なビタミンをバランスよく含んでおり、ビタミンEなんかは落花生やモロヘイヤに次ぐ 4.9mg/100g とかなりの高得点(参考:ビタミンEの働きと、野菜、果物に含まれるビタミンEの量<旬の食材百科)。

というわけで、過大評価とは言っても、とても優れた野菜であることに間違いはないわけです。また、他の野菜と比べグラム当たり安価であることも大きなメリットです。


というわけで、1点とらなければ!と点数にこだわることも大事ですが、より多くの種類や色の野菜を食べるように心がけて見てください。きっと食事を楽しむことにもつながると思いますと生協の管理栄養士の方もおっしゃってるように、結局はバランスよく食べるのが大事です。で、なんでこんな弊害のある点数法が広く用いられているかというと、考案者の時代背景を考えるべきだ。

先ほどのグラム当たりの安価について、ちゃんと小学校で勉強してれば、サツマイモといえば青木昆陽を思い出すだろう。江戸時代の飢饉だけでなく、戦中戦後の食糧難時代に、明けても暮れてもさつまいもを食べさせられたという方も多いように、健康の最低ラインを維持するのにはとても効率的な食べ物なのだ。

それだけでなく、食事のことは女がやるべき+女に教育は必要ない=十分に知的な能力をもたずとも適切な食事を提供できる知識体系が必要である=かなり近似した点数法の開発、といった当時ならではの背景もあるかもしれない。

逆に言えば、現代だと、もっと医学や保健学、健康科学と一緒になって、また、CREST “食”に関わるライフログ共有技術基盤でやってるような工学的技術の補助も得ながら、新しい栄養学とその実践はもっと考えられてもよいのではないかと思う。

その他参考:

煩い質問者に笑いました。まぁ、半分くらい言ってる事よくわかりますけどね。僕も1年半生協を利用して、塩分の一食当たり平均値が5g超えてるし、味としても塩辛く感じることがあるので改善してほしいとか、かなり同意する部分があります。でも、コストに関する観点の欠如や、全国統一でやってる大学生協の運営体制に関する理解とか、ほっとんどの学生はそこまで栄養に気を使ってないから生協の役割はまず意識の底上げにあるとか、四色にしたところで近似だとか、生協の回答者に同情する部分もあります。あと、味付けが薄いと、学生の利用が目に見えて減るんじゃないかな。この質問者は「人文学部 教員」なんですよ、学生じゃないんですよ、これは署名読む前から僕は人文系教員50代以降って特定できましたから。生協で観察してると、教員の方が有意に小鉢の数が多いわけで、小鉢は塩分量が多い傾向にあります。塩分の摂取に関する基準も、運動の量とかにもかなり左右されますので、生協のレベルで健康を害すると怒るのもどうかな。